「銀座に志かわ千社札」2022年2月のテーマは「節分と梅」です

2020年5月より銀座に志かわ各店舗(一部店舗を除く)にて枚数限定にて無料配布を開始をいたしました「銀座志かわ千社札:別名・朔日札(ついたちふだ)」。2022年2月のテーマは「節分と梅」でございます。時の移ろいをも描写しているこの千社札は裏面にステッカー加工を施しています。ノートなどの平面に貼ることもできます。そして2
月のテーマには下記の思い入れがございます。

暦の上では立春を迎えます。
季節は2月。まだまだ寒い日が続き、
春の便りが待ち遠しく感じる季節を迎えました。

今回の銀座に志かわ 千社札は、立春の前日に行われる、
邪気を払い、無病息災を願う行事「節分」と、2月の花である「梅」、
節分には邪気を払うために豆をまくことにちなんで、
厄除けの意味もある豆絞り柄をあしらいました。

また、テーマカラーは、「薄梅鼠」。霞のかかったような穏やかなピンク色です。
寒さの中にも早春の息吹が感じられる時節ですので、
千社札を手に取った皆様に、
本格的な春の訪れと、冬の終わりを感じて頂ければ幸いです。